読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次

ファンタジア文庫 
B ・できそこないの魔獣錬磨師 (第27回<金賞>)
B ・災厄戦線のオーバーロード (第27回<金賞>)
C ・俺の妹を世界一の魔砲神姫にする方法 (第27回<銀賞>)
C ・オレのラブコメヒロインは、パンツがはけない。 (第27回<銀賞>)
B ・ロクでなし魔術講師と禁忌経典 (第26回<大賞>)
B ・100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない (第26回<準大賞>)
C ・100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない2
B ・勇者リンの伝説 (第24回<金賞>)
B ・戦鬼 ―イクサオニ― (第18回<大賞>)
A ・スレイヤーズ! (第1回<準入選>)

電撃文庫 
B ・Φの方石 ―白幽堂魔石奇譚― (第21回<大賞>)
B ・ひとつ海のパラスアテナ (第21回<大賞>)
B ・ゼロから始める魔法の書 (第20回<大賞>)
A ・ゼロから始める魔法の書Ⅱ
A ・ゼロから始める魔法の書Ⅲ
B ・ゼロから始める魔法の書Ⅳ
B ・俺のかーちゃんが17歳になった (第19回<最終選考>)
A ・俺のかーちゃんが17歳になった2
B ・アクセル・ワールド (第15回<大賞>)
B ・ほうかご百物語 (第14回<大賞>)
B ・ほうかご百物語2
B ・ほうかご百物語3
B ・ほうかご百物語4
B ・ほうかご百物語5
B ・ほうかご百物語6
B ・ほうかご百物語7
A ・ほうかご百物語8
A ・ミミズクと夜の王 (第13回<大賞>)
B ・お留守バンジー (第12回<大賞>)
A ・ルカ ―楽園の囚われた人たち― (第11回<大賞>)
B ・リングテイル (第6回<大賞>)
A ・ブギーポップは笑わない (第4回<大賞>)
B ・ブラックロッド(第2回<大賞>)
B ・五霊闘士オーキ伝 (第1回<大賞>)

角川スニーカー文庫 
B ・星降る夜は社畜を殴れ (第19回<特別賞>)
C ・異界の軍師の救国奇譚 (第19回<特別賞>)
C ・名探偵×不良×リア充×痴女×決闘者 (第19回<特別賞>)
C ・名探偵×不良×リア充×痴女×決闘者2 
A ・ラグナロク (第3回<大賞>)

ファミ通文庫 
B ・くすぐり闘士の無魔術乱舞 (第17回<特別賞>)
B ・異世界スーパーマーケットを経営します (第17回<特別賞>)
B ・ブサイクですけど何か? (第17回<特別賞>)
A ・下読み男子と投稿女子
B ・猿渡さん家のラグナロク
B ・Zぼーいず/ぷりんせす
B ・黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (第16回<優秀賞>)
B ・黒崎麻由の瞳に映る美しい世界2
A ・ハイスクール・ローレライ (第16回<優秀賞>)
B ・リーガル・ファンタジー (第15回<優秀賞>)
B ・四百二十連敗ガール (第14回<大賞>)
B ・四百二十連敗ガール②
C ・四百二十連敗ガール③
C ・四百二十連敗ガール④
B ・渚のロブスター少女 (第6回<優秀賞>)
B ・赤城山卓球場に歌声は響く (第3回<大賞>)

MF文庫J 
B ・Yの紋章師 (第10回<最優秀賞>)
A ・逃奏劇リアクターズ (第10回<優秀賞>)
B ・ギャルゴ!!!!! (第3回<優秀賞>)
B ・暗闇にヤギを探して (第2回<優秀賞>)



オススメ度:A 「是非オススメ」
オススメ度:B 「オススメ」
オススメ度:C 「条件付きでオススメ」






スポンサーサイト
くすぐり闘士の無魔術乱舞
くすぐり闘士の無魔術乱舞
第17回えんため大賞<特別賞>



(あらすじ)
 魔術学院にて、くすぐりのみを特技とする能力無しの主人公が、強い能力者たちをくすぐって倒してゆく。

・くすぐりフェチ向け
・ばかばかしさ全開

スラップスティック。おバカ系小説として優秀。
「くすぐり」というワンアイデアを上手くエンターテイメントに昇華させた作品だと思います。
無能力である主人公を馬鹿にして戦いを挑み、ボロ負けして、なんども再戦するヒロインがかわいい。
一戦目は腋。
二戦目は膝の裏。
三戦目は脇腹。
四戦目は、背、首筋。
と、部位が変わってゆく面白さ。
魔法学園モノ。
魔力をマジックイーターに食べられてしまった妹のために戦う設定がわかりやすくてGOOD。
p.130
「(マジックイーターを見つけ出し)この手で、自分の所業を悔い改めるまで、くすぐり倒してやる!」
このばかばかしさ、たまりません。

なかなか笑い出さないヒロイン2の意外な弱点とは!?
どんな人間もくすぐり笑わせる能力を身につけた主人公に笑わせられない相手とは!?
堅物女をくすぐるとどうなる……!?
↑こんな引っ張り方も好きです。

ダブルヒロインをあえて類型的なキャラクターにしたことで、ワンアイデアがより生きたのではないかと思います。
今年のえんため大賞、ゲテモノが多く豊作です。


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ちょっとイカれたスラップスティックコメディ好きにオススメです↓




テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

異世界スーパーマーケットを経営します ~召喚姫と店長代理~
異世界スーパーマーケットを経営します ~召喚姫と店長代理~
第17回えんため大賞<特別賞>



(あらすじ)
 素人呼ばわりされ企画書に目を通してもらえないスーパー店長代理が、異世界に召喚されて商業地区復興に挑む。

・トレンドの経営モノ
・借金カウントダウンはわかりやすい
・盛り上げ上手

他社新人賞ではギルドやらレストランを経営。各社軒並み異世界での経営モノが受賞しているという事実に、少し狂気を感じます。
経営モノが流行っているのでしょうか。流行らせたいのでしょうか。

『もしドラ』以降増えた経営モノ。
「誰が」「どのような状況で」「どのような困り事を抱えているか」に目を向けることで解決に繋げていく。そんな過程を楽しむジャンルと言えるでしょうか。
今回の異世界は「レストランが無い」→「食材を買って調理がたいへん」→「加工した食品に需要がある」という発想で「ケチャップ」を売り出すエピソードがあります。

地区の抱えた借金を返すという目的がはっきりと最初に明示される。
順に見込み客の需要をあぶり出し、供給に繋げていく。
借金返済に大きく進展。
邪魔が入る。
葛藤、主要登場人物同士の喧嘩を乗り越えて希望を見いだす。
イレギュラーによって、希望の光が潰えそうになる。
絶望にかわりそうになったころで……思わぬ救い。
主要登場人物の心境変化(成長)を各々確信して大団円。

手順がしっかりとしているのでエンターテイメントして最後まで飽きずに読み進めることができました。
p.287のソレイユさんの台詞にはスカッとしました。
ラストの展開が甘やかしに見えないよう、序盤にひと工夫があるのが信頼できます。
えんため大賞は例年構成のしっかりした作品が多い印象があります。


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

経営モノジャンルが好きな方、入門書としてもオススメです↓




テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。