読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャルゴ!!!!!
ギャルゴ!!!!!
第3回MF文庫Jライトノベル新人賞<優秀賞>



(あらすじ)
死んだ占い師の祖母から「人間以外の多くの女性から愛される」と遺言を受けた主人公が、様々な人外ヒロイン達とともに都市伝説解明に挑む。

・キャラクターに魅力大
・ワンシーンが濃密
・台詞劇か

ドーベルマンが下校時に校門で待っている絵がシュールで面白いです。かま子かわいい。
単五乾電池一本で一ヶ月間動けるお人形さんしかり、人外ヒロインは魅力満点。
コトリさんの、天然でほんわかだけど嫌いな奴には容赦のない爆弾発言を浴びせかけるというキャラが面白い。
p.172の桑島くんをあしらうシーンは大層愉快です。

設定を台詞で説明しすぎではないでしょうか。
p.27
「下ネタをよくいっちゃうの! (中略)わたしがそういうこというの気になったら、ごめん我慢して、サラッと聞き流してね」
エリアスさん。具体的に下ネタを発する前にそれ説明したらダメですよ……。キャラ本人にこういうことを言わせてしまうと、作り手側の「このキャラはこういうキャラでいきます!」という主張に見えていまい、読者視点萎えます。ストーリーの中で、いかに自然にキャラクターを提示していくか。検討していただきたかった。
さらに、登場人物が、過去にあった出来事、生い立ち、思惑、葛藤をひとりで演説し始めるシーンが多々あります。
半ページとかにわたって改行もなしにダラダラ説明台詞を読まされるのは正直苦痛でした。

ごめんなさい乗り切れなかったのは私がせっかちだからなんだと思います。
必然性のないくどい描写でワンシーンワンシーンが間延びしている感じが苦手でした。くどい言い回しやパロディ、実在する有名人を使った比喩表現などが好きな方にはオススメではないでしょうか。
クライマックスの決意のシーンではちゃんとうるっときました。


主観:(-)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

長文読解が好きな方にオススメです↓





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

逃奏劇リアクターズ 阿頼耶識冥清の非日常
逃奏劇リアクターズ 阿頼耶識冥清の非日常
第10回MF文庫Jライトノベル新人賞<優秀賞>



(あらすじ)
天才陰陽師である阿頼耶識冥清は日常(異能バトル)を捨て、非日常(ラブコメ)へ身を投じることを決意し、里から逃亡する。追っ手に「天才は天才らしく」振る舞うよう諭された彼は反発、自分で選択した居場所を守るために、力を使うことを誓う。

・エンターテイメント性に富んだ文句なしの秀作
・テンポが良い
・状況の移り変わりが明確で、飽きずに読める

こんな生活もういやだー! → 非日常へ
という展開は実に王道的ですが、
特筆すべきは、日常が異能バトルで、非日常がラブコメだというところ。
第一章のテンポ感がすばらしい。
あっという間に住んでいるアパートが消失してくれるので、興味の持続が尽きません。

第二章での八雲さんの立ち回りがすばらしい!
p.89~のちょっとしたやり取り。あのおかげでラブコメ感の裏にただよう不穏感が良い味を出しています。加納さんとの接触シーンのおかげで、その後中だるみに見えそうな動きの少ない中盤も、妙な焦燥感を維持することができました。

単純なラブコメ部分もおもしろい。
p.123
「いやあ、女子に現を抜かすとは実にいい身分じゃのう。十億円の賞金をかけられ、いつ追っ手が来るかわからぬというのに余裕じゃな冥清」
同棲中の鬼姫が、こっそり合コンをしていた冥清に報復するシーン。
「十億円の賞金を(ry」というワンロジック挟むのが重要!
ヒロイン側がただの嫉妬に見えないように、好意を隠蔽するからこそ、ラブコメはおもしろい!
こういう場面で、主人公側が「なんで彼女怒ってるのかなぁ」などとぼけた内面描写のみで済ませる逃げが蔓延する昨今、よくやってくれました!

第三章p.135~p.141のヒロインのひとり相撲は、100点満点です。楽しいです。笑えます。文句ありません。
前段階で読者に主人公の情報を提示しているおかげで、見事なギャグとして成立しています。

終盤最大のカタルシスポイント。
主人公冥清くんの中で、彼の行動が『逃亡』から『選択』へ変わるところ。
彼が、彼自身の意思で、「居場所」を選択する。
だから、戦う。
これだけ潔くワガママを通してもらえるとスカッとします。

ラストにもうひと展開をもってきてくれるおかげで一層しまりがよくなりました。

p.289の引き際は鮮やかでお見事!
面白そうに始まって、綺麗に終わる。素晴らしいエンターテイメントでした。


主観:(+)

オススメ度:A


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

とりあえず何かライトノベルを読みたい方にオススメです↓




テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

暗闇にヤギを探して
暗闇にヤギを探して
第2回MF文庫Jライトノベル新人賞<優秀賞>



・『ごめんなさい、おいしかったです』
・ノートのページが何者かによって喰われるという導入が面白すぎる
・ルーズリーフはノートとは違う食感、て
・Eureka(エウレカ、ユリーカとも)古代ギリシア語で「(私は)見つけた」
・風子不憫
・ヒロインの会長が問題なく可愛い
・前半と後半のテンションのギャップが激しい
・エロゲのワンルートみたい

シュールなギャグを重ねていく学園ラブコメかと思いきや、途中から一転して驚きました。
この感じ、どこかで覚えがあると思ったら同じくMF文庫Jの『ホーンテッド!』の感覚ですね。
序盤コメディをやっておいて、中盤から後半にかけて思いっきり重いテーマをぶつけてくる感じ。
本作では中盤以降の内容が全部ネタバレになってしまうので詳しく語れませんが、物語の展開は順当で妥当だと感じました。
突飛な設定を綺麗に収められていました。
無理解を露呈するためだけに作られたようなキャラクターがいましたが、彼らにすごく不愉快な印象を抱いたので、キャラ付けとしては成功だったのでしょう。
p.253で主人公が発した一言に、最初から最後まで一貫して読者へ訴え続けた作品テーマを凝縮させたのは見事だったと思います。


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ちょっと重めのエロゲが好きな方にオススメします↓





テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

Yの紋章師
Yの紋章師
第10回MF文庫Jライトノベル新人賞<最優秀賞>



・運命に抗え!
・ダブルヒロインならぬ、ダブルヒーロー!?
・「憂鬱だねえ……」
・会長かっこいい
・総長かっこいい

さすが大賞作品。
世界観の構築と設定が緻密。
読めば読むほど、徹底して作り込まれた世界観が楽しめます。
第一章がとにかくボリューミーです。
物語を回すための準備というか、キャラの関係性、設定、用語が目白押し。
p.31の「また戦争」発言とか、期待感を煽られます。
熱いです!
本作全体を通して言えるのは、物語の推進力が落ちないということ。
ジェットコースターのように展開の上にまた展開と重ねられていくので飽きません。
抑揚バランスの取り方や、シーンごとの描写技術には長けていると思います。
さて、ここから先は残念ポイント。
主人公レオン君が「デコレーション」とバカにされている描写はちょっと少ない気がしました。
そのせいで、レオン君の紋章覚醒のカタルシスが若干目減り気味。そのシーン、熱いことには熱いんですが……。
第一章で、オズワルド先生に関する結構重大なネタバレが提示されます。
もうそれバラしちゃいますか?
第二章以降で、レオン側×オズワルドのやりとりシーンがちゃんと伏線になっているのに、もったいなくないですか?
第三章のp.170~173にかけてのレオン側の推理による盛り上がりや緊張感が、目減りしてしまいませんか?
で、その直後の会長さんのシーンにて、みんな飲み込みが早すぎませんか?
やっぱり序盤中盤は、レオン側、オズワルド側、どちらか一方の視点で引っ張って欲しかったです。
両方見せることでできるギャグ(チェルシーとのデートシーンでのやりとり)を見せたかったという意図はわかります。
読者の考えの先読みするような新しい手法、新しいタイプの裏切り展開を開拓しようとした志、チャレンジ精神もわかります。
でも、やっぱり読者としては、レオン君と一緒に驚愕したかった!
p.285ですよ!
それまでのやりとりの中にちりばめられた布石。
ホント置き方は見事だと思うんですよ。
でも本作では「違和感(伏線)」じゃなくて「事実(解答)」になってるんですよ。
おかげでp.284~285にかけてのあの名シーン!
「まさか……」→「まさか」→「まさか!」→「まさか!?」→「きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーっ!!!!」
……ってカタルシスがないんですよ。
もちろん熱いシーンであることには変わりないんです。
予めネタバレされていることで、確かに損ではないんです。でも、得でもないんです。
「目減り」です。
本作通して言えます。
物語の節々に挿入される盛り上がりシーンが、各々、70~80%に抑えられてしまっていると感じました。
それでも、それぞれ「面白い」と感じる以上には達しているというところが、なんとも憎いところ。
キャラクターかっこいいですよ。
シーン熱いですよ。
ストーリーの切り口斬新ですよ。
読んで良かったし、おもしろかったですよ。
でもちょっともったいない。
そんな作品でした。


主観:(-)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

新しい運命の抗い方を模索中の方にオススメします↓


新人作家さんならではのチャレンジ精神溢れる作品を読みたい方にもオススメです↓
この序盤ネタバレ手法。
完成させたら、もしかしすると、大化けが期待できるかも知れませんね。





テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。