読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほうかご百物語5
ほうかご百物語5



・新キャラが濃い
・関西弁狸おもろい
・「悪」と「神」の違いって何?
・いつものイチャコラも全開

扉絵を見て、新キャラがあまりに多くひやりとしましたが、心配無用でした。
全キャラがかなり立っていて、にぎやかで楽しく読み進めることができます。
蛇が出ます。
この蛇のキャラ。経島先輩と息が合う感じが楽しいです。
窓にもたれてちょろちょろ舌出すシーン。
ずぼらな雰囲気がサイコー。
p.69の裏切らない感じ。峰守先生は本当に信頼できます。
イタチさんのキャラのぶれなさがすごい。
p.38のセリフ「良かった」
の一言で、彼女の人間性(妖怪性)が出ていると思います。
p.142でちょとした嫉妬シーンが見られるのも、良いくすぐりでした。
既存キャラが続々出て楽しいです。
第2巻で提示された、真一君&イタチさんの疑似未来図、ジゴローさん&八雲ちゃんの再登場は嬉しい限り。もちろんお約束的展開がご褒美に用意されています。
今回の爆笑ポイント↓
p.193「まどかちゃん元気? 壁とか這ってない?」
p.214「歯を食いしばれ、白塚ァアアアアアッ!」


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

オススメです↓




スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

赤城山卓球場に歌声は響く
赤城山卓球場に歌声は響く
第3回えんため大賞<大賞>



・良い本を読んだという気分になれる
・一人称形式がうまく生きている
・シュール要素あり
・キャラの絡み合いが楽しい
・首尾一貫

タイトルからストーリーが想像不能でした。
冒頭でいきなりずらっとキャラが紹介されたので焦りましたが、すぐに、会話のやりとりや動きを通してキャラが把握できるように描かれているので親切。
る子ちゃん可愛いです。
ユリノさんおもろいです。
一人称の描写はとにかく丁寧です。
写実的でありながら主人公朝香の受けた印象を正直に綴った文体はとても読みやすい。
赤城山の描写なんかすごくセンスを感じます。
要所要所で過去のことを思い起こすという描写。
タイミングが見事です。自然に入っていけます。
序盤の描き方が大変リアルなため、中盤以降の荒唐無稽展開に一瞬「ん?」と戸惑うこともありますが、朝香ちゃん&華代ちゃん&センセーのプチ三角関係を使った心象描写、挿入されるにやにやイベントで外連味を効かせて素晴らしい。
朝香&華代のやりとりも、決戦に向けた重要な役割を担っていて、本当に余分なシーンがありません。
全体として会話ひとつとっても、テーマを最大限に生かす工夫が施されていて見事です。
展開に関して、「世界の危機」感の説明が少し弱い気はしました。
しかし、決戦のシーンは王道展開ながら丁寧で説得力を持った描写。
る子ちゃんの役割(残酷な状況の説明)効いていますね。
お約束展開、まっすぐストレートすぎるほどの王道エンド。
素直に描き切った技量と度量にあっぱれ。
読み終えた直後、「良い本読んだなぁ」と余韻に浸らせてくれる締め方も実に見事だと思います。


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

「わたしと空と、どっちがキレイ?」
「お前の方がキレイだよ」
そんな台詞に、ピーンときた方にオススメです↓






テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。