読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほうかご百物語8
ほうかご百物語8



・大祓、はじまるよっ!
・クライマックス!
・全キャラ大集合!
・天狗ぅぅぅぅぅ!
・新井さぁぁぁぁん!

ホントのホントのクライマックスです。
ここまで読ませてもらった身としては、扉を見た瞬間に涙腺が緩みました。
いつもの軽いノリに垣間見える緊迫感。
告げられる終焉のはじまり。
このハラハラドキドキ感はたまらないです。
総勢大集合ということで、どことなく無理くり感を抱き始めた矢先、
p.197できちんと読者を納得させてくれる説明を入れてくるのが本当に抜け目ない!
それぞれのキャラがそれぞれの活躍をしているのを見るはやっぱり楽しい!
途中何度も叫びました。
今まで通りのギャグやトリックも健在!
三巻でも見せてくれた叙述謎かけは、これが最高形なのではないでしょうか。
台風「これは世界の意志だから何もせずに突っ立ってろ」
↑この理不尽さ、たまりません!
視点がぐらぐら揺らぐので、本当にくらっくらします。
ここまで読み貯めてきたからこそ、このくらくら感がたまらない喜びに感じられます。快感です。
二年間毎週見続けたアニメの劇場版で、総勢大集合した瞬間のような。

7巻まで読んだことを前提にして、オススメ度はAをつけさせていただきます。


主観:(+)

オススメ度:A


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

オススメです↓





スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。