読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦鬼 ―イクサオニ―
戦鬼 ―イクサオニ―
第18回ファンタジア大賞<大賞>



・日本神話のちゃんこ鍋
・しっかりとした作り込み
・王道展開をがっつり
・あなたはお父さんの子で、お母さんの子だから
・温かい場面の描き方が見事
・ちょっと泣きました

読み応えがありました。
鬼視点の桃太郎。
よかったです。
桃生さんというキャラが良いラスボスのたたずまいでした。
彼はビジネスマンにしたら相当のやり手になるでしょう。
最初っから最後までvs桃生さんという図式が変わらないので、物語の目的がはっきりしていて、読者に親切です。
桃生さんに同胞を殺され人間を憎む鬼、温羅(うら)。
心優しい元捨て子の巫女、梓(あずさ)。
チャラいチキン役人、智也(ともなり)。
三人の旅が不調和で、やりとりが面白いです。
キャラクターがそれぞれ完成していて、キャラ同士のからみ、関係性の発展を楽しめます。
梓が温羅に笛を吹いて聞かせる場面の置き方は趣があって感嘆。
襲いかかる敵の狗、猿、雉のキャラも立っています。
雉が特によかった。
『少数の敵に多数で臨むは獣の如き畜生の業』
とか言って、温羅と一対一の決闘にこだわるスタイル。
かっこいいけど、あなたが畜生です。
p.234の温羅の台詞。
ここまで物語を読み進めてきたからこそ、染みますね。素晴らしいです。
最後にひとつ。
オススメ度にも主観にもまったく影響しないのですが、p.133の挿絵、梓ちゃんの目が開いているのは合っているのでしょうか。


主観:(-)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

高橋センセーの少年漫画『犬夜叉』が好きだという方には是非オススメします↓




スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。