読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リングテイル 勝ち戦の君
リングテイル 勝ち戦の君
第6回電撃ゲーム小説大賞<大賞>



・主人公マーニを応援したくなる小説
・作り込まれた世界観
・ファンタジー
・壮大

おてんばマーニ、わんぱくマーニ。
なんて呼ばれていますが、この子、頑張り屋さんですごく純真です。
魔導師見習いのマーニ。
憧れの大魔導師フィンダルを目の前にして、テンションが上がる姿はほほえましい。
読めば読むほど応援したくなります。
第四章で、とあるキャラが死ぬのは胸が痛くなりました。
あの種のキャラが死ぬのは、物語の展開上必要とはいえ、辛いです。
だからこそ続きを読んでしまうのです。
地理がかなりしっかりと構築されています。
マーニはどこに居るのか、どこのことを説明されているのか、読み遅れないようにお気を付けください。小説内場所移動が苦手な方は特に。
歴史もしっかりと構築されています。
どの時代の話をされているのか、読み遅れないようにお気を付けください。この辺りは会話の中でわかりやすく説明してくれるのであまり心配はいりませんが。
世界観を把握できると、この作品の綿密に構築された縦軸横軸の面白さが味わえます。


主観:(-)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

頑張り屋で純真な少女が大活躍する、壮大ファンタジー小説を堪能したい方にオススメします↓





スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。