読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラグナロク 黒き獣
ラグナロク 黒き獣
第3回角川スニーカー大賞<大賞>



・血がぶしゅーっ!
・展開のたたみかけが見事!
・ページをめくらせる技術の高さに圧巻
・決め台詞いいね!
・これぞエンターテイメント小説

ラノベ作家目指す方は必読です。
アクション好き嫌い関係なく、読んでください。
世界観や人物設定を、いかに展開の中で盛り込んでいくか、どう入れていけば読者に効果的に印象づけられるのか、盗める技術がたっぷりと詰まっています。
リロイ&レナとのやりとりから、依頼、襲撃、捕縛、と序盤に展開をたたみかけて読ませるテクニックが凄いです。
キャラの登場、引き際も見事。
リリィの絡ませ方、最高でした。
へパスの変質具合もよく味が出ています。
p.75のフォローで「武器手放したらどうすんの?」という読者が抱く根本的な疑問に蓋をしておく抜け目なさ。
味のある一文が多いです。
p.167
「俺……格好悪かったな」
「格好良かったことがあるのか、おまえ」
p.189
「本当に残酷なのは、あなたね」
p.179の左足とかはどうでもええわ!
目的をしっかりと明示してくれるので、読んでいる途中に物語を見失う心配がありません。
最後の最後まで読者へサービスを見せてくれる周到さに脱帽でした。
純粋に読者の「好きか」「嫌いか」だけに委ねられる形に、ジャンルエンターテイメントを落とし込む技術は必見です。


主観:(-)
オススメ度:A


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

アクション小説好きだけでなく、ラノベなるものに興味を持つ方全員にオススメです↓




スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。