読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない2
100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない2



(あらすじ)
 本当は誰にも死んで欲しくない死体回収屋ブリッドと、とにかく死にまくる「攻略本? 何ソレ食えんの?」系冒険者ニナのメタファンタジーコメディ第二弾。冒険初心者に死なないようにアドバイスするブリッドは、同業死体回収屋のホークアイの反感を買う。ブリッドを追い込みたいホークアイは、『シルフィとその仲間たち』をニナに近づかせる。

・メイン死亡数⑨回
・ニナのむちゃくちゃキャラは相変わらず立っている
・パーティを組むという発想は良かった

まず、良かったポイント。
エリィという新キャラが、素直に可愛いです。
大きく描写される死亡シーンは九回。ニナ単体で五回。パーティ組んで四回。
パーティを組んだことによって引き起こされる笑い、エンターテイメントは最低限堪能できると思います。
p.114
「や、ネタバレは勘弁。まじで……おねがいします……」
というニナのセリフが切実で笑えます。
失敗をしっかりと重ねて、独自にきっちりと成長していくニナの姿はたくましく、教訓になります。
彼女のキャラのぶっとび具合は健在で楽しいです。
素直なニナもなかなかキュート。

そして、がっかりポイント。
「自滅から全滅へ……。今度は4人で死にまくる!?」
と帯で煽っておきながら、パーティを組むまでが長すぎです。
そして、『シルフィとその仲間たち』側、最初から手の内を見せすぎです。
それによって、本作の売りであるはずのニナの「おもろい死に方」のいくつか、面白さが目減りしています。
なぜニナの死に方が面白いのか?
それはニナがアホだからです。
普通の人間では死なないようなアホな行動を取って死ぬから、面白いのです。
それを、敵が罠にかけて死なせたのでは、面白さが目減りして当然です。
本作では敵をアホにしてバランスを取っています。
確かにパーティ結成後、アホがアホを罠にかけて一緒にアホさらして死んでいくのはある程度面白いです。
でも、せっかくパーティを組むという最高のシチュエーションを作ったのなら、一巻のジェラードさんのように「理不尽に巻き込まれて死んでいく」面白さも入れてくださいよ!
帯見たら、ジェラードさん巻き添え死のアップグレード版を期待しますって!
理不尽巻き添えの雰囲気が辛うじて出ていたのはエリィさんですが、どうせならもうちょっと反応見せてくださいよ。
やっぱり「ニナがまさかのパーティ結成!?」というアイデアを生かすなら、最初はホークアイの依頼の件は伏せておくべきだったのじゃないかと思います。
ニナがパーティ組む→ブリ「なんだって!?」→三人「よろしく」、ブリ「は、はぁ(哀れ目)」→巻き添え死にまくり→ブリ、三人に同情して「やめた方がいいよ」と助言→それでも死にまくる→あまりに献身的な三人に不信感を抱いたブリが調べてみると、なんと……
で、その後、手の内明かして敵側視点の展開の方が、ストーリーラインがはっきりとして読みやすいのではないでしょうか。
本作は視点がごちゃごちゃ動きすぎて、雑多に感じざるを得ません。
一巻も雑多でした。しかし、ニナ視点で死→ブリ視点で回収という法則が軸にあって、しかもその法則が見事に笑いの連鎖を生んでいたからこそ、一巻はその雑さが特に気にならなかったのです。
雑さだけを浮き上がらせてどうする!?
今回ブリッド編という形で書きたかったのだと思いますが、正直、伝わりにくいです。
理由は大きく二つだと考えます。
視点移動が多すぎて、問題を解決したのが誰なのかがわかりにくくなっていることがひとつ。
そして、物語の終着点がブリッドの「誰も死なせたくない」という願い(彼が死体回収屋であることの苦労そのもの)に置かれているのか、教会の権威主義的体制に対する反発なのか、はっきりしないことです。
ブリッドの願いは、ホークアイ戦の二回とラストのアレの計三回、大きく強調されます。
物語序盤からしっかり入れられていることから、ブリッド編にしたい意図がひしひしと伝わってきます。
しかし、最後のとある女性キャラとの会話シーンが長すぎてどっちがメインテーマなのかぼやけるのです。
テーマはどっちかに絞った方がいいですよ……。

結論。
視点は絞って、テーマも絞って、原点回帰を願います。


主観:(+)

オススメ度:C


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

『劇場版踊る大走査線シリーズ』のストーリー構成が問題なく面白いと思える方にはオススメです↓





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
リンク貼らせていただきましたm(___)m
ツイッターではフォローありがとうございました。こちらの感想ブログ記事、勝手ながら弊サイトからリンクを貼らせていただきました。もし問題等ありましたらご連絡ください。よろしくお願い致します。
2015/01/27(火) 06:35:36 | URL | らのれび管理人 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。