読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Φの方石 ―白幽堂魔石奇譚―
Φの方石 白幽堂魔石奇譚
第21回電撃小説大賞<大賞>



(あらすじ)
 アトリエ白幽堂を営む白堂瑛介のもとへ、下宿人黒須宵呼が越してくる。瑛介は修繕専門の方石職人。宵呼は方石学を学ぶ初学者。毒舌男とドジ娘のでこぼこコンビの共同生活のスタート。そんな中、瑛介は方石窃盗事件の真相に迫る。どうやら瑛介が持っているらしい「Φの方石」、宵呼が母の形見だと持っていた「μの方石」とは一体何なのか?

・梔子連作って人名じゃないよ!
・デコデコピッツァが美味しそう!
・Φの方石の仕掛けがすごい!

Φの方石の謎が明かされるシーンが気持ちよかったです。
読者は、序盤からずーっと「Φの方石ってなんやねん」と思わされ続けるので、四章、五章はかなり上手く機能していると思います。
世界系の小説です。
方石という技術が日本で発展している世界観。
藤原道長の長女彰子が方石を贈られたというのが、現存する最古の記録だそうです。
世界系はどうしても設定説明のいれどころが難しいのですが、
本作では、主人公を学生にすることで専門家から説明を受けることに必然性を与えています。
また、「経年劣化」の説明のシーン、
実習授業で宵呼ちゃん失敗→白幽堂で梔子連作の驚異的な特徴説明
という正しい手順!
実習授業のシーンで具体的な経年劣化を読者に示しておくことで、白幽堂での瑛介さんの解説が生きてきます。
これら、ストーリーテリングの技術的な部分が安定しているので読んでいてホント安心できます。

ちょっとだけ文句。
悪役サイドのキャラはもう少し掘り下げて欲しかったです。
とくにラスト。
正直、この展開なら、もっと凄惨な最期を与えてやっても、かなり劇的になったのではないかと思いました。
詰んでるんですよね。あのキャラ同士の関係。
幕間、うるっときたぐらいです。
p.270の「いよいよ意味不明ね」のセリフは悲しさも含めて笑ってしまいましたが、イカレてないとやってられないんですよ。あの子の立ち位置は。狂気で現実から目を背ける手段しか、あの子は知らなかったのでしょう。良い味が出ています。
最期を書き切って欲しいほどに、悪役サイドのキャラには魅力を感じました。
おそらくp.184~の宵呼ちゃんの過去と嘘のエピソードを置くことで、象徴的に機能させる意図があるのだと思います。
だからこそ、
最後に一発、ダークなフォローが欲しかった!
救われない美しさもあるんだね……。


主観:(-)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

オススメです↓





スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。