読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほうかご百物語7
ほうかご百物語7



・イタチさんが普通の女の子になっちゃった!
・「できること」と「好きなこと」
・「守る」ってなんだろう
・粂神さんのキャラが大暴走

イタチさんから妖術を取り去る!
というアイデアを存分に転がした本作。
妖術が使えなくて不安になるイタチさん。
自分という存在の不安定さに苦しむイタチさん。
励ます真一君。
最終決戦はまさに、自分との戦い!
キャラクターの心の移り変わりを非常に楽しく読み進めることができました。
今回の一番の見所は、
p.109のイタチさんのちょっといじわるな一面。
心が不安定かつ、真一君との距離が大きく縮まったこの瞬間だからこそ説得力を持って読むことの出来る、これまでとちょっと違うイタチさん。
本当に読ませ方が見事だなぁと思いました。


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

オススメです↓




スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。