読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺のかーちゃんが17歳になった
俺のかーちゃんが17歳になった
第19回電撃小説大賞<最終選考作>



(あらすじ)
 隆史の母親が17歳になる。とある宗教儀式を受けると寿命の残り半分を犠牲に17歳の肉体を手に入れることができるらしい。隆史は母の突然の決断に戸惑う。恋をしているのかも? 真相を確かめるべく、隆史は妹の優香とともに17歳の母を尾行することに……。

・テーマの重さがちょうど良い
・第一話の完成度の高さ
・メー子のキャラクターが素晴らしい
・絶対に2巻も続けて読むことを推奨

短編部門からの出版化ということで、第一話の完成度の高さに納得です。
家族というテーマはラノベではなかなか珍しい。逆に新鮮で面白いです。
連続ドラマに向いていそうな題材、ストーリー展開に思えます。
第二話で登場するメー子のミステリアス感が半端ない。
これはおもしろくなるぞ! と、期待させつつ、なかなか予想の上を行く展開に持って行ってくれないので少し残念。
基本は第一話で提示し解決したテーマを、第二話~第四話にかけて再展開する構造。
さすがは書き慣れたプロ! 一貫したテーマを場所やシチュエーションを変えて書き切る手腕は見事。良い意味でも悪い意味でも安定したおもしろさがあります。
大きな動きで面白さを作るよりも、与えられた状況の中でテーマを掘り下げるのが得意な作家さんなのかな、と勝手な感想を抱きました。
もし物足りなく感じても、絶対に2巻を読んでいただくことをお勧めします!
2巻とセットなら文句なしにお勧め度Aなんですが、単体での評価ということで今回はひとつご了承を。


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ちょっと新しいテーマに触れたい方にオススメです↓





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。