読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺のかーちゃんが17歳になった ②
俺のかーちゃんが17歳になった②



(あらすじ)
 メー子が隆史の家に結婚の挨拶に来る。年齢的にまだ早いと17歳の肉体を手に入れたかーちゃんやばーちゃんに諭される。メー子がしきりに隆史の家族の仲間に入りたがる理由とは……?

・展開が明確におもしろい!
・メー子のキャラ立ちが半端ない!
・家族というテーマと展開の見事な融合!

メー子の家族問題を臭わせながら、17歳のかーちゃんの問題を絡めてストーリーを展開させる技術がすごいです。
隆史君と彼女のメー子との会話が本当に素晴らしい。
こういう立体的な会話ができる関係は、傍から見ていて楽しいし、二人をさらに応援したくなります。
第四話以降『セブンティーン』一連の流れは面白すぎる。ファニーじゃなくてインタレスティングです。笑いを込めずにここまで楽しいのは久々かもしれません。コメディ部分のやや読者層とズレている感が玉に瑕。もったいない!
読了後に彼らのその後を想像して楽しめるって、小説として大成功なのではないでしょうか。
今回名言が多かったです。p.259とかp.282とか。
妹の立ち位置も良いバランス!
引き際の隆史君の台詞が鮮やか!
この巻で終わりなのが残念でなりません。
最後にひとつだけ。p.117の挿絵は1ページ後ろにつけないと意味がないと思います。


主観:(+)

オススメ度:A


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

一巻読んだ方に問答無用でオススメです↓







スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。