読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼロから始める魔法の書Ⅳ ―黒竜の魔姫―
ゼロから始める魔法の書Ⅳ ―黒竜の魔姫―



(あらすじ)
ゼロと傭兵は船旅の途中、竜に襲われ黒竜島に漂着する。その島では7年前に伝来したという魔法が広く普及していた。

・ケンタウロスと傭兵のかけあいが楽しい
・続き物らしくなってきた
・リンゴ飴のシーンにほっこり
・世界観が面白い

ゼロ&よーへーの目的をはっきりとさせてくれているので、読みやすいです。
見所としては、「作った者」と「使う者」の対比でしょう。
p.92
「我が輩の生み出した魔法が我が輩の手を離れ、我が輩の思惑とは違う使われ方をしている」
魔法によって救われた者がいる。一方で、魔法によって死んだ者がいる。
作った者の責任。使った者の責任。なかなか考えさせられます。
小走先生は、前作でも共和制の嫌な部分を浮き彫りされていました。社会的な問題を、独特のファンタジー世界の中で、目に見える形にする。そんな作家性が四作通じて見えてきました。今後の冒険にも期待が膨らみます!

ちょっとだけ不満点をあげるとするなら、長い。
城からじいちゃん家まで移動するだけのシーンっている?
前夜祭のシーンも長く感じました。せっかくの読者サービスであろう風呂シーンも、読んでいる最中は「このシーンいる?」って思ってしまいましたごめんなさい。
それらのシーンで交わされる王女との会話でキャラクターを掘り下げておいて、じっくり感情移入させておいた上で、ラスト展開の「このやろう!」という不快感を引き立てる意図はわかります。
しかし、やはり読み終わった後に「あのシーンって無くても話通ったよなぁ……」とか頭ちらついてしまうということは、どれかカットもしくは短くする余地があったのではないのかなと思います。
それぞれのシーンが謎解きによるつながりを持たずに並列されていると、読んでいて鈍重に感じます。
ディテールと綿密な世界観描写というのは小走先生の持ち味かもしれませんが、やはり鈍重さは展開の失速を招く危険因子。
300ページ超えるなら超えるだけの理由(300ページを支えられる謎なりテーマなりアイデア)が欲しいのが正直なところ。
二巻第六章の謎解きシーンや、三巻p.208のような爆発が欲しい!


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

トカゲが好きな方にはもちろんオススメです↓


上下セットもオススメです↓



一巻もオススメです↓





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。