読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
できそこないの魔獣錬磨師
できそこないの魔獣錬磨師
第27回ファンタジア大賞<金賞>



(あらすじ)
スライムトレーナーのレインがドラゴントレーナーのエルニアに喧嘩を売られる。勝利したレインはエルニアに交際を迫られ困る。

・モンスター萌え小説としては☆5つ
・ラストのたたみかけで、良い小説を読んだ気になれる
・着地は綺麗

登場するモンスターが可愛いです。
スライムのペムペムはもはやヒロイン級。
ホースドラゴンのキールさんの人間臭さはシュールで面白い。心の声でレインと掛け合いをするシーンは笑えます。

第一章の決闘申し込み、第二章のドラゴン遭遇、第三章p.192の突然の宣告、第四章のp.258のにやり。
しっかり物語のエンジンをかけるポイントが定まっているので、安心して読み進められます。
非常に技術のある作者さんだと思います。

p.265の昇華ロジックは面白かった。
最弱と言われるスライムが、なぜ他の強敵と戦えるのか?
無謀に見えた主人公の行動が、実は理にかなっていたという事実をひとつ加えるだけで、物語の説得力が大きく変わってきます。お見事!

ここからちょっとまずいと感じたところを紹介。
ネタバレを含みます。

三人称で書かれていますが、視点のブレはちょっと気になりました。気になるというか、ノイズでした。こんなのでページをめくる手をとめさせないで!
完全三人称なら客観的判断できないキャラの内面吐露は控えるべきですし、疑似三人称なら一文中やパラグラフ中に視点を動かすべきではありません。
p.32
「自分に集まった好奇の視線に、アリカが視線を泳がせながら自信なさそうに身を引く。」(アリカ、アリカ以外の視点)
p.33
「二人のやり取りなど露知らず、好奇心を抑えられなくなったレインが、じれったそうに身体を揺すりながらクーラーボックスを指差す。」(レイン以外、レイン、レイン以外の視点)
p.34
「イメージトレーニングを二、三飛び越えてきたレインの言葉に、アリカがビクッと身体を縮こまらせる。ただでさえ小柄なアリカがますますもって小さくなった。」(アリカ、アリカ以外の視点)
↑の三行はすべて同じパラグラフです。
断定的な主体表現と、「じれったそう」など様態を示す客体表現が混ざっているせいで気持ち悪く感じるのかもしれません。

決闘シーン、第二章の課題のシーン、長かったです。
おしゃべり、単体のギャグとしては笑えるのですが、展開がいちいち止まるのがもどかしかったです。

第三章p.202でレインくんがぶち切れるシーンはさすがに強引すぎです。
実はここ、アリエルさんの思惑は別にあったというオチを第四章でつけるためのミスリード。レインくんの独り相撲でした、とオチをつけるためのシーン。その意図はわかります。
にしても!
起因となるp.201のアリエルさんの「まぁ、落ち込むことはないわよ」に続く台詞が弱すぎる。アリエルさんが、それほど「生まれ持った資質至上主義」に見えないのです。
そのせいで、このシーン、
レインくんが常日頃から溜め込んできた不満をぶちまけるために、目上の人間の言葉尻を取っているように見えてしまうのです。
レインくんが勝手にアリエルさんの言葉を拡大解釈して、こじつけて怒っているように見えるのです。
正直、初めて読んだときは「ヒステリー起こした被害妄想野郎」の八つ当たりに見え、呆れてしまいました。
しかも、この男、「言ってやったぜ!」とふんっと鼻息まで立てます。
確かにゴブリン使いの取り巻きにバカにされるシーンが第一章にあるので、そういう不満をレインくんが抱くのはわかります。が、アリエルさんがそいつらと同類だとはこの時点で判断できない。判断できるように描かれていない。
それこそ作者さんの狙い通りなのかも知れません。
が、第四章のどんでん返しのために、主人公のレインくんをここまで貶める必要はないと思います。
事実、単細胞熱血漢キャラの説得力は損なわれている。単細胞熱血漢キャラが、相手の直接表現に対してついカッとなるというのならわかります。しかし、相手の言葉の意図をくみ取って言ってもないことに対して切れたのでは、「単細胞である」という自分のキャラを守るために反応したように見える。単細胞キャラである自分に酔っているように見える。計算高い女の「私って天然なんだぁ~」の男版「俺って単細胞だからさぁ~」というナルシズムにさえ見えてしまいました。
ここは、アリエルさんの方をもっと嫌なキャラに見せてもよかったのではないでしょうか?
どんなに嫌なキャラをここで演じたとしても、ラストで「妹のためを思って」という台詞(p.125「親友のためを思って」の対になる)を吐かせれば、万事綺麗に解決。アリエルさんの異常な妹愛というのも、もっと強調できたのではないでしょうか。


主観:(-)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

飼い主とが動物とイチャコラする動画を定期的に見てニヤニヤするのが好きな方にオススメです↓




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。