読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星降る夜は社畜を殴れ
星降る夜は社畜を殴れ
第19回スニーカー大賞<特別賞>



(あらすじ)
高校を中退してブラック企業に勤める立花アキトが、残業を強要してくる社畜と戦う。

・おバカコメディってこういうのです!
・ネタのオンパレード
・ここまでふざけきってくれると痛快

入院中の姉のために高校を辞めてブラック企業に就職。
重めのテーマの話かと思いきや……
おバカコメディでした。
流血します。なんか人死んだらしいです。でも、ずっと悪ふざけです。
もちろん褒めています。
定時退社しようとする主人公に対して、係長が無数のコピー用紙を投げ「ペーパー・トルネード」と叫んで攻撃してきたり、平社畜三人が肩を組んで「残業、残業、ざんぎょ三兄弟」と歌い出したり、主任が戦隊ヒーローのコスプレをして「社畜戦隊イエスマン! ただいま参上!」と口上を述べ行く手を阻んだりします。
p.57~
主人公、緊縛麺による攻撃を受ける
→拉麺ならば食べられるはずと思い食べてみる
→美味い!
→敵「うわっ、汚ねっ」「さっき床に転がってただろ。バイキンくっついてるぞ」「3秒ルールを知らないのか。ペッしなさい、ペッ」
→主人公「オレの胃袋は特別製でね。3秒どころか3分は余裕でオッケー」
さらにこの場面、主人公の麺を口に含んだ瞬間の描写が長い。細かい。食レポか!
これだけ狂った展開にしてくれると、もう楽しむしかありません。
ジェットコースターに乗った気分で勢いに任せて読み進めるが吉!

ゴールが不明なのがちょっと難点か。読んでいる最中、「いま何を読まされているのか?」と我に返ってしまうことがしばしばありました。
要は、次に何が起こるのかがわからなすぎるということ。日常は無限に続いているのに、ターニングポイントが見えない。偶然に左右される現実。文化祭とか運動会とか行事がなにもない時期の学校生活という感じ。読者が「展開が読めない」という面白さを味わうためには、予め道筋を示しておく必要がある。「次、こんなことが起こるだろうな」「こうなったらいいな」という期待を読者が抱けないと、いくらその瞬間瞬間のギャグがおもしろくても、通して読んだときの驚きは得られないのです。
クライマックスに関しては、本編中なんども「死ねばいいのに!」というネタを入れておいてからの、一応のオチをつける処置として適切だったと思います。
ラスト5ページは、……ダメじゃない?
新人賞受賞作って帯つけて出している以上は、一冊の本として完結しておくべきでしょう。
「続きを臭わせる」という終わり方は表現の方法のひとつとして否定はしません。しかし、本作は明らかに「次のパラグラフがない」という状態で終わっています。
あと一行でよかったのです。形式だけでもちゃんと一冊の本を締める一行が必要だったと思います。


主観:(-)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

オススメです↓





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。