読書感覚文
主観と感覚のままに書き殴ります。ネタバレは、未読の方が今後読んでも楽しめる範囲で
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くすぐり闘士の無魔術乱舞
くすぐり闘士の無魔術乱舞
第17回えんため大賞<特別賞>



(あらすじ)
 魔術学院にて、くすぐりのみを特技とする能力無しの主人公が、強い能力者たちをくすぐって倒してゆく。

・くすぐりフェチ向け
・ばかばかしさ全開

スラップスティック。おバカ系小説として優秀。
「くすぐり」というワンアイデアを上手くエンターテイメントに昇華させた作品だと思います。
無能力である主人公を馬鹿にして戦いを挑み、ボロ負けして、なんども再戦するヒロインがかわいい。
一戦目は腋。
二戦目は膝の裏。
三戦目は脇腹。
四戦目は、背、首筋。
と、部位が変わってゆく面白さ。
魔法学園モノ。
魔力をマジックイーターに食べられてしまった妹のために戦う設定がわかりやすくてGOOD。
p.130
「(マジックイーターを見つけ出し)この手で、自分の所業を悔い改めるまで、くすぐり倒してやる!」
このばかばかしさ、たまりません。

なかなか笑い出さないヒロイン2の意外な弱点とは!?
どんな人間もくすぐり笑わせる能力を身につけた主人公に笑わせられない相手とは!?
堅物女をくすぐるとどうなる……!?
↑こんな引っ張り方も好きです。

ダブルヒロインをあえて類型的なキャラクターにしたことで、ワンアイデアがより生きたのではないかと思います。
今年のえんため大賞、ゲテモノが多く豊作です。


主観:(+)

オススメ度:B


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

ちょっとイカれたスラップスティックコメディ好きにオススメです↓




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。